読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メモりメモる

ハトいエンジニアのアメリカ生活と技術のメモ。

MacBook Pro (15-inch, early 2011)のバッテリーを換装,CPUが遅くなって直した話

2ヶ月くらい日本出張を色々してました。
自宅で久しぶりにPCを開いてみると、妙に遅い。遅すぎるんです。タッチパッドも固くて押せない。

f:id:hatyone:20140505112500p:plain

MacBook Pro(15-inch, early 2011)のバッテリーが膨らんでしまってました。。。

交換用バッテリーを買う

MacBook Pro(15-inch, early 2011)のモデルは調べてみるとA1286でした。
そこで、amazon.comでPrimeで手早く届きそうなバッテリーを探してみました。
値段とレビューがそれなりに良かったので、こちらを購入。

Lizone® High Performance 63.5Wh Laptop Battery for Apple MacBook Pro 15.4


f:id:hatyone:20140505113931p:plain


バッテリーを交換する

交換する際には、精密プラスドライバーと、Yみたいな形のドライバーの2つが必要になりました。
精密ドライバーを手に入れるために数日要していたのですが、なんとバッテリーキットに含まれていたと気づいたのは開封した後でした。

f:id:hatyone:20140505114344j:plain

手前のが取り出したバッテリー。やはり、ぽこっと膨らんでいます。

動作を確認する

さっそく電源ケーブルをつないで起動してみると、無事動いてます。サクサク動いていました。
左サイドのバッテリーのインジケータも回復していたので"大丈夫だろう”と、この時は考えていました……。

翌日、お出かけ先でMacが動かない

電源ケーブルを抜くと、バッテリー膨張時と同様にCPUの処理が遅くなります。
ありえないくらい遅くなります。Chromeを起動しようとして、起動できないorブラウジングができないレベルでした。
どうみても原因は、電源です。

kernel_taskプロセスがCPUを使い切ってました

「ああ…。このMBPはバッテリーを換装しても、ダメだった…」と一度は落ち込んだものの、落ち着いて色々見ていたら原因が見えてきました。

元々このMBPで使用していたバッテリーの容量は6900mAh。今回購入したバッテリーは5800mAh。
ちょっと、足りません。

最初は、バッテリーの膨張時と同様に新バッテリーでも給電が間に合わずCPUが抑制されているのかも?と疑っていたのですが、MBPがサポートされていないコンポーネントとして新バッテリーを認識してしまっていたのが原因だったようです。

ACPI_SMC_PlatformPlugin.kextをいじる

/System/Library/Extensions/IOPlatformPluginFamily.kext/Contents/Plugins/ACPI_SMC_PlatformPlugin.kext/Contents/Resources/MacBookPro8_2.plist
このファイルをバックアップを取ってから、削除しました。
その後、再起動。

無事サクサク動いてくれるようになりました。
PCが熱くなり過ぎないかなど、様子を見ながら使っていきます。


未踏時代からUS生活までをずっと共にしているこのマシン。
もうちょっと長く付き合っていけそうでホッとしてます。